トップ / 血糖値上昇を抑える栄養成分

血糖値上昇を抑えるために栄養成分

GI値、ベジファースト、などなど血糖値を下げる食事方法をご紹介してきました。ここからはさらに血糖値の上昇を抑える栄養成分について深掘りしていきましょう。

血糖値を抑える効果があるとされる栄養成分

・食物繊維
さきほどのベジファーストにも登場した食物繊維。食物繊維は糖質の吸収を抑える働きがあるとされています。さらには、食物繊維を多くとることで便秘などの解消にも役立つため、一石二鳥だといえますね。食物繊維は海藻や大豆などに多く含まれています。

・ビタミンB群
ビタミンB群には血糖値を抑える効果があるとされています。ビタミンB1は体に入ってきた糖質の代謝を促進してくれる凄い効果があるとされています。ビタミンB1が糖をエネルギーに変えてくれることによって血液中の血糖値上昇を防ぐことができるのです。

そして、ビタミンB2は同じく糖質の代謝を促進すると共に、脂質やタンパク質などの代謝にも貢献してくれます。ビタミンB群は豚肉、大豆、昆布といった物に多く含まれていますので血糖値が気になる人は積極的に取り入れたいですね。

・マグネシウム
マグネシウムは血糖値が気になる人には必須の栄養素であると言えます。マグネシウムは元々人間の体内に存在する重要な栄養素です。このマグネシウムは血糖値をコントロールするインスリンの機能に関係しており、マグネシウムが不足してしまうと血糖値の数値に異常がでるとされています。このマグネシウムは大豆や魚、海藻、胡麻などに多く含まれています。

これらの栄養成分は栄養補助剤などで簡単に摂取することができますが、できれば食事から摂取したほうが良いですね。