トップ / 血糖値を下げるには食べる順番が大切

血糖値をあげないためにはベジファースト

血糖値を下げるためには食事の見直しが大事だとされていますが、いったいどのような食事の見直しをしたらいいのでしょうか?血糖値を下げるための基本的なこととしては食べ過ぎないこと、GI値に気をつけて食事を行うなどが有名です。

最近では食事の食べる順番に気をつけるベジファーストという食事方法も血糖値をさげるのに非常に効果的だと言われています。では、いったいベジファーストとは、どういった食事方法のことを言うのでしょうか?方法はいたって簡単でベジファーストという名前のとおり、食事のときには野菜から最初に食べればいいというだけです。

このベジファーストの食事方法をすることによって、先に食べた野菜の食物繊維が、後に食べる、ごはんなどの糖質の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防止します。さらには、食事の最初に食物繊維の多い野菜を食べ、よく噛むことによって、満腹感をだし、食べ過ぎの防止にも役立つと言われています。そのため、ベジファーストは血糖値コントロールと同時にダイエットにも最適であると言えます。

ベジファーストの食事では野菜から食べると良いということですが、野菜ならばなんでもいいのかというとそうではありません。ベジファーストの食事での野菜とは食物繊維の多い、きのこ、海藻、レタスといったものを先に食べる必要があります。

にんじん、じゃがいも、かぼちゃなどの根菜類は美味しく、栄養価も高い素晴らしい野菜ではありますが、これらには、血糖値を上げやすい糖質が多く含まれているため、多量にとってしまうとベジファーストの意味がなくなってしまいます。いそがしくて野菜が準備できないという時には食物繊維の多い納豆もおすすめですよ。