トップ / 飲み会の時にも気を付ける血糖値上昇

飲み会での血糖値上昇を抑えるために

社会人の男性となると、付き合いで飲み会にいかなければならないという事って多いのではないでしょうか?なかなか、「自分は血糖値が高いから飲み会行きません」なんて言えませんよね。

そこで、今回は血糖値が高い人が飲み会のときに気をつけておくべきポイントをご紹介したいと思います。血糖値が高い人はアルコールを控えるべきだということがよく言われます。これは正解でもあり不正解でもあります。といいますのも、実はアルコールの中にも、血糖値をあげるものと、上げないものがあるんです。

そのため、血糖値とアルコールに関するちゃんとした知識があれば、飲み会にいっても全然大丈夫なんです。では、どのようなアルコール飲料が血糖値を上げて、どのようなものだと血糖値が上がらないのかをご紹介したいと思います。

まず、血糖値が上がるアルコールというのは醸造酒です。醸造酒とはどういったお酒かと言いますと、穀類や果物などを発酵させて作ったお酒のことを言います。具体的に例をあげるとビール、ワイン、リキュール酒、日本酒などがそれに当たります。

そして、血糖値が上がらないアルコール飲料というのが蒸留酒と呼ばれるお酒になります。蒸留酒とは先ほどの醸造酒から蒸留して作ったお酒のことを言います。具体的にはブランデーやウィスキー、焼酎のことです。これらの蒸留酒は飲んだとしても血糖値は上がらないので血糖値が高めの方でも安心して飲むことができます。

血糖値が上がらないお酒があることを知った貴方。お酒を飲むのはいいのですが、酔っ払った勢いで〆のラーメンを食べるなんてことは絶対にNGですよ。ラーメンはGI値の高い糖質と脂質のかたまりなので、血糖値の急激な上昇を招きますからね。